管理人の徒然日記。 日常のことをなんとなく書いていく感じで… 不定期更新。
プロフィール

綾凪燐

Author:綾凪燐
*関西地区の田舎在住
*へたれ高校生
*好物→ポップン・無双・戯言・漫画・庭球等
*趣味→惰眠と読書あと絵描き
*動物をこよなく愛してみたり
*世に言う腐女子

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
また停滞・・・れっつ学習能力!(ぁぁ

本日は久しぶりに科学の授業そっちのけで書いてた
ものおあっぷですー(まじめに受けろよ


* * *

愛しい愛しい貴方に贈る 淡い甘い恋の花

綺麗に咲いたこの花を

貴方の元に届けるために 貴方に見てもらうために

私は道のりを歩いていく

途中で嵐にあったけど 途中で石を投げられたけど

私は気にせず道をゆく

気になり抱えた花見れば 少しうなだれ元気が無い

私は走った貴方の元に

足に 顔に 体に たくさんたくさん傷ついた

だけどそんなの気にしない

急げ急げと心がせかす 応えて足を前に出す

やっとついた貴方のところ

貴方は笑顔でこちらを向いた

私はも一度花を見る 凛と咲く姿に涙がでた

渡した瞬間貴方の顔は 驚き戸惑い そして笑った

そして貴方は一言言って 蛍のように消えていった

あとに残るは貴方のお墓 私を助けた貴方のお墓

お礼じゃなくて大好きだ

伝えた気持ちは儚いもので それでもちゃんと貴方に届いた

今も残るよ私の耳に 貴方の最後の“ありがとう”


お墓の前にはいつも一つの黒い影

愛しそうにお墓に寄り添う 綺麗な瞳の黒猫だった





よければぽちっと!
スポンサーサイト
<< てすと・・・ // HOME // またやっちゃった… >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://alred00.blog105.fc2.com/tb.php/17-f6f016a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
- 【2012/11/23 Fri】
管理人の承認後に表示されます
[ ]
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。